ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

トラックドライバー 物流業界

トラック事故を減らしたい

更新日:

交差点は要注意

俺はトラック運転手の仕事をしているが、仕事中でもプライベートでの運転中でも、常に心掛けているのは安全運転だ。交通事故でも起こせば、最悪、人生を台無しにしてしまうことにもなりかねない。
交通事故がよく起きる場所というと、交差点なんだとか。確かに、交差点はタイミングを間違えると、赤信号に捕まって、トラックを停めたまま時間が過ぎていくので、内心おだやかではいられなくなる。ハッキリ言うと、赤信号やら、右折するときに直進してくる対向車がなくなるのを待つ間はイライラする。
イライラすると、人は判断力が鈍る。確かに危ない。
左折するときも、歩行者や自転車を巻き込まないかはいつも気になる。時間がないときは焦って左折しようとする。これも危ない。
信号があると、赤信号に一喜一憂するので緊張も強いられる。しかし、緊張感によって安全運転に集中できるとも言える。

求む! ご協力

それだからか、最も交通事故が多いのは、信号がない交差点だそうだ。
信号がないから赤信号もない。一喜一憂しないで済むと思うと、つい気持ちがゆるみ、安全運転を怠ってしまうのかもしれない。
信号があってもなくても、恐らく焦ったりするのが良くないのだろうと思う。焦ると気持ちに余裕が無くなり、つい安全確認を怠ってしまうのじゃなかろうか。
しかし、くどいようだけど、交通事故なんか起こしたりすると、自分や相手の人生を狂わしてしまう危険もある。それは何としてでも避けたい。と言うか、避けなければいけない。
ただ、トラック運転手も人の子。毎日の仕事がキツイと、ふとしたことで気がゆるんでしまう。
交通事故を少しでも減らすには、トラック運転手の仕事が過酷過ぎず、ふとしたことで気がゆるんだりしないようにする必要がある。
だから、トラック運転手の仕事を「過酷なもの」にしないよう、関係各位はもとより、広く一般の方々のご理解とご協力も求めたい。

-トラックドライバー, 物流業界
-,

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.