ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

トラックドライバー

トラック運転手を目指す人たちへ

更新日:

ボケと脱線

自由度が高く、物流を支えることで社会貢献度も高いうえ、やればやっただけ稼げる仕事として、トラック運転手になりたいという人は多いと思う。否、多くの人がトラック運転手になりたいと思うべきだ。トラック競技選手ではない、トラック運転手だ(不要なボケ)。
いや、トラック競技も「走る」というシンプルな動きに他者との差異をつけ、成績を伸ばすには、才能とともに多大な努力が必要なので、決して侮るべきではない、奥深い競技だと思う(不要な脱線)。
トラック競技の選手に必要なのは才能と努力だが、トラック運転手になるためには血の汗流すような努力や、目が点になるような美貌、突出した才能、決して減ることのない財力などは必要ない。必要なのは「なりたい」という強い思い込みだ。
それから健康。運転免許は「なりたい」という気持ちが強ければ後から付いてくると言ってもいい。
だが、健康は必要かつ重要だ。

避けたいリスク

トラック運転手は長時間運転席に座って運転するため、血行不良になりがちで、その結果、脳疾患や心疾患のリスクが高まる。
脳疾患、心疾患が発症すると、運転中に意識が飛び、それが交通事故にもつながりかねない。これは絶対に避けなければならない。絶対にだ。
そのため、トラック運転手は法律できちんと健康診断を受けることが義務付けられている。採用時にも健康診断を受けなければいけないので、ここで引っかかるとトラック運転手になれないかもしれない。
自由度が高く、物流を支えることで社会貢献度も高いうえ、やればやっただけ稼げる仕事として、多くの人がトラック運転手になりたいと思っているはずなのに、健康診断で落とされてはやりきれないだろう。日ごろから健康管理を徹底し、より多くの人にトラック運転手になるという夢をかなえてほしい。
そして就職後も健康管理を徹底し、定期的な健康診断も受け、できるだけ長く、トラック運転手の仕事を続けることを願っている。

-トラックドライバー
-, ,

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.