ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

タクシー運転手 体験談

北の国へと

更新日:

自分の目で

僕はタクシードライバーになってまだ5年ほどの30代。ちなみに北海道出身。高校卒業で北海道を離れた。
北海道というと熊だの鹿だのキタキツネだのってイメージが強いらしく、僕も大学時代、友達から「北海道って車で山道走ってると普通に熊と遭遇するの?」なんてよく聞かれた。
でも正直言って、野生の熊だの鹿だのキタキツネなんて1回もお目にかかったことない。ま、生まれ育ったのが道南の函館だったし。
ただ一度、これまた大学時代の夏休み、函館の実家に行った帰りに函館空港発の飛行機に乗ったら、いざ離陸するって直前に「ただいま、滑走路をキタキツネが横切りましたので、離陸はキタキツネがいなくなるまでお待ちください」というアナウンスがあった。離陸が5分ほど遅れたっけ。
まあ、それくらい。けど、自分の目でキタキツネを見れたわけではない。

楽しく会話

さて先日、若い女性のお客さん2人を乗せた。
2人は女性らしく、楽しそうにおしゃべりしていた。その会話から、最近北海道旅行をしてきたことが分かった。
気さくな印象だったので「僕、北海道出身なんです」と話しかけてみた。すると、こちらの話に乗ってきてくれて「北海道ってやはり食べ物がおいしい」なんて話で盛り上がった。僕としては、お客さんに楽しく過ごせてもらったみたいで、とてもうれしかった。
ただ、その2人は旭川に行って、車での移動中に鹿やキタキツネを目撃したそうだった。僕は函館在住だったけど、もちろん道内はいろいろ旅行もした。18年近く住んでて、1回も見たことないのに、初めて北海道に行ったその2人は、いとも簡単に野生の動物を見たらしい。
皆さんも、おいしい食べ物がたくさんあって動物の珍しい姿も拝める北海道にぜひ行ってみて。
とは言え、ちょっとフクザツ。

-タクシー運転手, 体験談
-

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.