ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

タクシー運転手

不自由なタクシードライバー

更新日:

急がば回れ

タクシードライバーは多くのことが自分の裁量に任されています。
担当エリア内であれば、どのルートを走るかは自由です。お客さんを乗せて目的地に行くときも、お客さんからの要望でもあれば別ですが、どのルートで行くか、決めるのはドライバーです。
決まりはあります。ルートを選択するときは、最も安全に早く着くルートを選択しなければいけません。
例えば、渋滞が予想される近道ではなく、少し回り道になっても順調に通れそうなルートを選ぶほうが、お客さんのメリットになるかもしれません。
もし、収入は少なくても構わないので、なるべくなまけたい人は、勤務時間にたっぷり休憩を取ることもできます。タクシー会社から怒られるかもしれませんが。

人それぞれ

そんな、自由度の高いタクシードライバーですが、自由にならないこともあります。服装がその1つです。
タクシー運転手の服装と言えば、ネクタイ、ベスト、帽子、白手袋が定番です。会社として規定があり、そうした服を貸与しているところが多いです。
会社として用意していない場合でも、ネクタイ着用が義務付けられているとこが多いです。
欧米の映画やドラマを見ていると、タクシー運転手はとてもラフな格好をしていることが多いですが、日本ではそうはいきません。
このタクシードライバーの服装をカッコいいと思うか、ダッセーと思うかは人それぞれです。
タクシードライバーの仕事に就きたいという人は、なるべくこの服装をカッコいいと思うよう努力しましょう。

-タクシー運転手
-,

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.