ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

タクシー運転手 体験談

運転に苦手意識があるけど

更新日:

ことわざのウソ

俺は車の運転が好きなのでタクシー運転手になった。
それほど向上心もなく、勉強も苦手だったので、とにかく手っ取り早く収入を得たかったからでもある。
だけど「好きこそモノの上手なれ」ってのはウソだな、と思う。俺は車の運転は好きだけど、運転は一向にうまくならない。プライベートではしょっちゅう車を壁や看板などにこすらせてしまう。
タクシーでそんなことをするととんでもないので、なるべくそんなことにはならないように気をつけている。だが、お客さんを乗せていないときは気がゆるむのか、たまに会社の駐車場でこすってしまう。めちゃくちゃ怒られる。
でも、それも減ってきた、と思う。

「違いない運転」

けど、くどいようだけどお客さんを乗せているときにぶつけたり、こすったりしたことは一度もない。「運転が下手」だと自覚しているので、とても気をつけるからだ。
見通しの悪い交差点なんかは「あそこの角から必ず車やバイクが来るに違いない。いや、自転車が飛び出してくるはずだ」と思って運転する。俺は自分の運転を「違いない運転」と呼んでいる。
そんなんだから疲れるっちゃー疲れるが、1日無事故で終わると、心地良い疲労感を味わうことになる。
先輩には「タクシー運転手の仕事は天職」という人がいる。だが俺は、たまに「職業選択を間違えたかな」と思わなくもない。
けど、苦手意識があるから、毎日頑張ろうという気持ちになるのも事実なんだよね。

-タクシー運転手, 体験談
-,

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.