ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

タクシー運転手

レトルトカレー好きタクシー運転手の苦悩

更新日:

味覚は人それぞれ

タクシー運転手という仕事をしていると、お客さんから「おいしいお店を教えて」と聞かれることもある。
困る。味覚って人ぞれぞれで好みもあるので、私と味覚の合わない人に私がおいしいと思う店を教えてもガッカリさせかねない。
しかし、それでひるんでいては「タクシー運転手は接客業」の名が泣く。
私はその人の好みを聞き出し、その好みに合うだろうお店を教える。
私が働いている街は大都会ではないので、駅で付け待ちをすることが多い。タクシーに乗ってくる人が観光客なのか、よくこの街に来るビジネスマンなのか、地元民なのかで、紹介する店も変わってくる。そこもポイント。
なので、自分の街のいろいろなお店を食べ歩き、その情報収集にも余念がない。
なんて言うと「そこまでやるの?」とか「面倒くさそう」と思う人もいるだろう。しかし、私にはこれが楽しくて仕方ないので、まさに適材適所。

レトルトカレーもそれぞれ

しかし、実は私の一番の好物はレトルトカレーだったりする。だから「とにかく運転手さんが一番おいしいと思う店に案内して」なんて言われると一番困る。成城石井に連れて行っても、ねえ。
レトルトカレーもいろいろ試した。レトルトカレーにもいろいろあるもんだ。
カレーの定番ビーフ、チキン、ポークだけじゃなく、フグだのカキだの桃だのトマトだのメロンだの、具も種類は豊富。ただ、あまりに繊細な味だと、どれもカレーの味に負けちゃって、個人的にはどうも。
また、やたらと高級素材を使ってたりして500円超え、中には1000円近いものもあるけど、それだけ高いんなら店で食べたいという気にもなって、個人的にはやはり。ま、話のネタにはいいけど。
逆に100円以下でもバターチキンカレーだのタイカレーだの、結構頑張っているレトルトも出ている。好感しか持てない。もちろん、具は小さいのが少しだけだし、スパイスも少なめに感じてしまうけど。

私は私の道を行く

できれば300円台までで、スパイスたっぷり、具もたっぷりなのが好ましい。
欧風、日本の家庭の味、インド風、インドネシアカレー、マレーシアカレーなどなど、今はタイプもいろいろ。
私はインド、マレーシア、インドネシア、スリランカなどの狭義のエスニックなカレーが好み。で、あまり辛すぎるのは苦手なので、中辛くらいが良い。
なんて考えて運転していると、お腹が鳴って仕方ない。大型トラックの運転手なら、車内に炊飯器や湯沸かしを持ち込んでレトルトカレーを仕事の合間に食べられるかもしれないけど、タクシー運転手じゃまさかそれは無理。
と思ってたら、個人タクシーの運転手で、お客さんをもてなすために炊飯器やらおかずやらを用意している人もいるって、テレビで見た。
私も将来は個人タクシーを目指そう。

-タクシー運転手
-, ,

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.