ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

トラックドライバー 体験談

私のヒヤリハット体験

投稿日:

だろう運転

私は4トントラックの運転手をしている40歳男性です。
ネットでトラック運転手を検索すると、ヒットするのは「事故のニュース」ばかり。事故を起こしたくてトラックを運転している運転手なんていないはずなのに、ちょっとした気のゆるみなのか、避けられない事故だったのか。
私は自戒の意味も込めてそんな事故のニュース記事を読み、1日1日と無事故無違反を積み重ねています。
とは言え、人間なので「うっかり」もあります。
先日も、通いなれた納品先への道でトラックを走らせていました。すると、行く手の左側に自転車が止まっています。自転車の向かい側にはコンビニがあります。
自転車にも私のトラックが見えているはずだし、横断歩道もない場所なので「まさか道路を横切って渡ったりしないだろう」と思って、そのままトラックを走らせました。

かもしれない運転

すると、ここまで読んだ皆さんが予想した通り、その自転車はいきなり道路を渡ろうとしてきました。
私はびっくりしてスピードを落としてトラックを止め、自転車が渡るのを待ってからまたトラックを発進させました。
幸いにも後続車もなかったので、後ろから追突されることもありませんでしたし、最初からそれほどスピードを出していなかったので、荷崩れを起こすこともありませんでした。
しかし、思い切り肝を冷やしました!
自転車利用者、歩行者にも「横断歩道がないところで急に車道を横断しないでほしい!」と強く言いたいです。事故が起こったとき、こちらが「加害者」となって逮捕されてしまいます。
と言いつつ「まさか道路を横切って渡ったりしないだろう」という「だろう運転」はやはり危険だと思い知りました。「もしかすると、道路を横切って渡ったりするかもしれない」という「かもしれない運転」を心掛けなきゃ。
つまり、常に「最悪を覚悟して最善を尽くす」です。これは車の運転だけではなく、人生においても役立つ心の指針です。

-トラックドライバー, 体験談
-,

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.