ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

その他ドライバー

さまざまなプロドライバー 運転代行編

更新日:

飲んだら乗らない

運転代行とは、飲酒などの理由でクルマの運転ができなくなった人の代わりに運転し、自社のクルマを目的地に送るサービスです。
仕事は2人1組で行います。利用者が指定する場所、時間に、クルマに2人で乗り込み、向かいます。飲酒運転を避けることでの利用が多いので、指定場所は居酒屋など、アルコールを楽しむ店舗が多いです。
指定場所で利用者を見つけたらキーを預かり、2人のうち1人が利用者のクルマの運転席に座り、利用者を乗せて運転します。運転代行のもう1人は自社のクルマを運転し、利用者のクルマに続きます。
目的地に着いたら、利用者を降ろしてキーを返し、自社のクルマに運転代行の2人で乗り込み、帰ります。

レクサスだのBMWだの

運転代行も「乗客を乗せて運転する」ので、タクシードライバー同様に第二種運転免許が必要です。もちろん、自社のクルマを運転するほうは一種免許だけで大丈夫です。
利用者が運転代行を依頼する理由は飲酒だけではなく「急な体調不良でクルマの運転が無理」「ケガをして運転できなくなった」「睡魔に襲われたけど、仮眠を取らずに早く帰りたい」「慣れない道を行くので、運転のプロに任せたい」といった理由もあったりします。
運転代行という職業の面白さは「ふだんは運転しない、さまざまな種類のクルマを運転できること」。もしかしたら超高級車を運転できる、かも、しれません。
業務体制はシフト制であることが多く、つまり働く時間を自分で選ぶことができるのも魅力。ただ、飲酒理由での利用が多いので、夜遅めの仕事になりがちではあります。

-その他ドライバー
-,

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.