ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

トラックドライバー 体験談

「トラックの運転は難しいのか」問題

更新日:

「難しい」ではなく「違う」

トラックは車体が大きいだけに、普通車よりも運転が難しそうというイメージがあります。もちろん、普通車とは大きさが違うので、運転する感覚も違います。「違う」のは事実なので、普通車と同じ感覚で運転すれば大きな違和感があります。ですから、普通車の運転に慣れていれば慣れているほど、最初は「難しい」と思ってしまうかもしれません。でも、最初から「別物」と思っていれば、案外、難しく思わないかもしれませんよ。
運転席でまず最初に感じるのは「高い」ということ。実際、普通車より1.5~2倍ほど高くなっています。でも、目線が高くなるので、普通車よりも先を見通すことができます。前を走る車同士の距離感もつかみやすいです。普通車を運転していて、もっと道路の先の状態を知りたくて、運転席で首を伸ばしたことがある人もいるんじゃないですか。
ただ、遠くは見やすくなりますが、逆に間近な景色は見えにくくなります。トラックの目の前に子どもや自転車などが来ると、結構怖いです。しかし、そのためにトラックには目の前の真下を見るためのミラーもちゃんと付いています。運転するときは、サイドミラーをしっかり確認することを習慣にします。

習った上で慣れよ

もちろん、車体の大きさはよく自覚しなければいけません。トンネルに入るときや、屋根のある場所に入るときなどは高さを気にしますし、右折、左折のときは巻き込み事故に要注意です。
くどいようですが、トラックは普通車と違います。普段、あたかも普通車を運転するような感覚でトラックを運転できるようになるには、運転経験を積むことが必要になります。それはトラック運転が普通車運転より「難しい」からではなく「違う」からです。
思い出してみてください、普通自動車免許を取得したころのことを。慣れないうちは道路を走るのが怖くて緊張したのではないですか。でも、経験を積むうちに慣れていき、それなりに自在に操れるようになったでしょう。トラックも同じです。普通車と「違って」気をつけなれければいけないポイントも少なくないですが、初めて自動車免許取得に取り組んだときの気持ちに戻れば「違うけど、意外とできる」ことに気付くはずです。
ただし、大型は駐車できる場所が少なかったり、時間帯によって通行禁止になる道路があったり、環境面、法規の面での「難しさ」はあります。けど、それはまた別の話。

-トラックドライバー, 体験談
-,

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.