ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

トラックドライバー 体験談

長距離トラックは歩合制

更新日:

長距離トラックを始めたきっかけ

私は40代なのですが、最近長距離トラックのドライバーに転職しました。
きっかけは前の職場での人間関係です。いろいろ面倒くさい人間関係が嫌になり、人間関係を気にせず働ける環境がないか探しました。
長距離トラックはほとんどの時間1人で車を走らせるだけですし、人間関係で悩むことはないだろうと考え始めました。
また、車の運転は若いころから好きで、よく妻とドライブに行くこともあったので、運転手という仕事に憧れていました。トラック運転手なら、その運転もできるため面白そうだと考え、挑戦しました。

長距離トラックの給料の決め方

長距離トラックの給料は、基本的には歩合で決められています。距離と運ぶものにより決まってくるため、時間内に到着さえすれば、早く着いても遅く着いてももらえる金額は同じです。
また、仕事によっては高速代金ももらえる場合もありますし、もらえない場合もあります。
高速代金がもらえる場合でも早い時間に出発して、下道を走って目的地に着くことができれば、高速代金をそのまま給料に含めることができます。
疲れているときは高速を使い、早く着いて休み、体力があるときは下道でお金を稼ぐといった働き方ができます。

長距離トラックをしていて楽しいこと

長距離トラックをしていて楽しいと感じることは多々あります。例えば、基本的に1人で運転しているため、人目を気にすることなく、のびのびと仕事ができます。人間関係に悩まされることもありません。
また、全国の美味しいご当地料理を食べることができることも魅力の1つです。私はよく地方に行くため、1つ前のインターチェンジで降り、下道で見かけたお店に入ってみるといったことをやっていた時期もあります。
今はスマートフォンが普及しているので、事前に調べたり、パーキングエリアでの休憩中に調べて、地方の美味しいお店を探しています。

-トラックドライバー, 体験談
-, , , ,

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.