ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

体験談

トラックドライバーなど配送業の体験談と現状

更新日:

同じドライバーでも距離で大きく異なる

配送の仕事にも様々な種類があって、有名なものにはトラック運転手や郵便配達員がありますね。
郵便配達は短期で一度やったことがありますが、中々独特のコツが要りましたね。
すぐに慣れるので良いですが、逆に郵便局の内務は私には合いませんでした。
やはりのびのびと一人で出来る仕事は、合う人には合うと思いますね。
トラックの運転手は長距離の場合は、もっとのびのびと仕事出来ると思います。
同じ配送業でも、距離や外務内務で全く向き不向きが出てくるのでそこは注意です。

今の配送業は働きやすいかどうか?

私が実際に配送業をやっていた時は、やはり運転中は楽しさを感じていました。
そもそもドライブが大好きな私にとっては、非常に適職だとは感じましたがいざ仕事にするとなるとちょっと話は変わってきますね。
今だともっと顕著だと思いますが、純粋に国内で配送する量って年々増加してるんですよ。
もっとドライバーも増えていかなければなりませんが、比例的に増えていかないのが実情です。
小さな配達物も多くなっていますね、配送料無料の通販サイトが人気のせいもあるかと思います。
搬入は楽なのでそこは良いポイントだと思います。

配送業でもやっぱり企業の下調べが大事

これら私が体験した事から考えてみると、単純に働き手が不足していますし求人は多く出ているのでこちらが仕事を選り好み出来ると言えます。
大型トラックですと新たに免許を取る必要のある人も居るでしょうが、それ相応の楽しさもあるかと思います。
日本ではどんな業界でも運転手が足りていない傾向にありますが、気になるのはその分苛酷になるか収入は減るのかという部分でしょうね。
これはホントに企業によりますし、まずはよく下調べするのが大切ですね。

-体験談
-

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.