ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

トラックドライバー 体験談

長距離トラックドライバーに携わってみての感動

更新日:

免許さえあれば誰でも始められる

ネットショッピングの需要の高まりに伴って物流量劇的に増加しました。
必然的にトラックドライバーの仕事量も増えたわけでして、そういう意味では、トラックドライバーこそ今最も求人倍率が高い職種だと言えるのかもしれません。感動的なレベルです。
変な話、免許さえあれば誰でも始めれる仕事だとも言えます。就職や転職を考えている人はぜひとも選択肢の1つに入れておくべきです。
運転に自信がある、自分のペースで仕事をしたい、時間の使い方が上手、責任感が強いといった人たちには、最強の転職だと思いますよ。

待機時間に休日の計画を立てられる

ところで、トラックドライバーをやっていると、ちょくちょく空き時間ができるのですが、この間に仮眠を取ったり、食事したりしながら、効率的に時間を使わなければなりません。
とりわけ長距離のトラックドライバーなら、休日の計画を立てておくことは、この仕事をする上でとても重要なポイントだと言えるでしょう。と言いますのも、長距離のトラックドライバーというのは、基本的に週1回の休みだからです。
よって、日ごろからしっかりと計画を立てておかないと、何をするでもなく1日が過ぎてしまい、せっかくの休日が無駄になってしまうんですよね。ですから、空き時間を有効活用し、有意義な休日を送れるよう、計画を立てておくことをお勧めします。

現代社会を支えている職業に就ける

とまあ、長距離トラックドライバーの仕事を個人的な角度から述べましたが、いずれにしましても、長距離トラックドライバーの存在が現代社会を支えているのはまぎれもない事実であります。そのことをしっかりと意識すれば、仕事に対して意欲的に取り組めるでしょうし、やりがい充実感も感じることができるでしょう。
世間一般では、長距離トラックドライバーは大変な職業だと思われることが多いですが、それはどんな職業にでも言えることであり、何も長距離トラックドライバーに限った話ではありません。
かくいう私も、初めのうちは確かに大変でしたが、慣れてくれば自分なりのスタイルが構築され、効率的に業務をこなしていけるようになりました。自分の成長を実感でき、大いに感動したものです。

-トラックドライバー, 体験談
-,

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.