ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

トラックドライバー 物流業界

モーダルシフトに期待

更新日:

大きく減らす

モーダルシフトというのは、これまでトラックばかりに頼ってきた「輸送」を、鉄道や船もどんどん使ってやっていこうという取り組みです。それでトラック輸送を減らしていこうというわけです。
人手不足が続くトラックドライバーの負担が減り、道路を走るトラックが減ることから渋滞が起こる可能性も減り、さらにトラックより鉄道、船は二酸化炭素の排出量が少なく、環境負荷も大幅に減らすことができます。
実際にこのモーダルシフトを試し始めているところもあるようです。荷主、つまり荷を送る企業や荷を受け取る企業などが連携し、まとめて鉄道や船に乗せてしまうわけです。
もちろん、鉄道であれば荷を駅まで運ばなければいけませんし、船も港まで運ばなければいけませんが、それでも「ずっとトラックで運ぶ」よりは良いのかもしれません。

仕様の移行

ちなみに、ここでいう「モーダル」というのは「モードの」のことで、つまり「モード」「仕様、様式」「シフトさせていく」「移行させていく」ってことらしいです。
それならそう言えば良いのではないでしょうか。「仕様の移行」と言ってはいけない法律でもあるのでしょうか? それとも、経済界には「ゆくゆくは日本語を廃れさせ、国際語として確固たる地位を確立させつつある英語の使用を日本でも一般化させる」という思惑でもあるのでしょうか。スポーツの国際大会では、多くの国民が総ナショナリストになったかのような空気が流れるのに、日本語が廃れるのは構わないのですねえ。おっと、ナショナリストも英語ですね。
そんなわけでモーダルシフトを大いに普及させ、トラックドライバーのサブジェクトをソリューションしていくことがエクスペクトされるわけです。

-トラックドライバー, 物流業界
-, ,

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.