ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

タクシー運転手 トラックドライバー

ダメなものはダメ

更新日:

ミスではすまない

なかなかゼロにならないのが、不埒な政治家交通事故です。
交通事故は誰もが起こしたくないと思っているはずなのに、なぜかなくなりません。もちろん、人間であれば、どれだけ注意していてもミスをします。うっかりもあります。しかし、交通事故の被害を考えると「ミスは誰にでもある」なんて言っていられないのではないでしょうか。
そんな状況なのに、あおり運転のような危険運転、飲酒運転をするドライバーが、まだゼロにならないのも全く信じられないことです。もしかしたら、交通事故を起こしたいのでしょうか。これはもはや「ミス」「うっかり」で済むことではないでしょう。
今、自動運転システムの開発が進められています。衝突防止システムはすでに実用化され、機能も進化しているはずです。
AIを活用すれば、自動運転システム衝突防止システムを生み出されるのですから、それによってあおり運転飲酒運転撲滅できるのではないでしょうか。

ノンアルコール

あおり運転はともかく、飲酒運転は効果的に防止できるはずです。
タクシードライバー、トラックドライバーのような職業ドライバーは、出社して行う点呼などで体調に関する検査も行うようです。このとき、体調不良だったり、アルコールが検知されたりすると、その日の乗務はできません。
しかし、この検査の後でアルコールを飲んでしまったらどうでしょう。会社としてはなすすべがありません。
そこで、トラックの運転席にアルコール検知装置を備え付けるのです。本当はタクシーにも備えたいところですが、タクシーの利用客が飲んでいた場合、これが検知されることもあり得るので、まずはトラックから。
トラックの運転席でアルコールが検知されると、エンジンがかからない安全装置が働くわけです。
トラックの荷台にアルコールを積むこともあるでしょうから、その違いも検知できるほどのセンサーにする必要があります。
ですが、これが進化すれば、やがてはタクシーでも使えるものができるでしょう。

-タクシー運転手, トラックドライバー
-, ,

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.