ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

トラックドライバー 体験談

運送稼業

更新日:

俺はダメな男

俺は、生まれながらのろくでなしだった。自慢じゃないが、ろくでなしだ。
風来坊でどこでも行くが、こんな俺だから、情けは無用だ。
とは言え、ときには情けをかけてくれる女もいた。ろくでなしの俺は、本当は惚れているのに、わざと冷たくしてしまうこともあったっけ。
そんな俺の親父もろくでなしだった。俺のろくでなしは親譲りってことだ。
ときには、いろいろなヤツに憎まれ、手荒く扱われることもあった。
それでも俺は、毎日を楽しく過ごしていた。

任しときなって

そんな俺だが、今は立派な勤め人だ。そう、運送会社に勤め、トラックドライバーとして働いている。
多くの荷を運ぶこともあれば、それほど運ばないこともある。だが、歩合制で給与をもらっているので、こんな俺でも人並み以上に稼いでいる、と思う。ありがたいことだ。
荷を届けた先で事務のおばちゃんに「いつもごくろうさま」なんて声を掛けられることもある。やはり悪い気はしない。そんな風に荷を待っていてくれる人たちがいると思うと、自然と運転も慎重になる。荷に何かあってはいけないので、安全運転を心掛ける。
ろくでなしだったからこそ、人様のお役に立つ仕事をできているありがたさが身に染みるよ。

-トラックドライバー, 体験談
-

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.