ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

トラックドライバー 物流業界

トラック運転手の仕事は甘くはないが

更新日:

実態は

トラック運転手の仕事は甘くはないが、世の中の職業の中では結構優遇されているほうなのではないだろうか。世間にはトラック運転手の良くないイメージが広まっているようだが、実態はまた別と言うか。それだけ、世間の人は物事の「実態」に気付いていない、どころか、関心がないのだろう。
トラック運転手は他の職業同様、人手不足が続き、高齢化が進んでいる。そのため、求人も多く、一度入社しても転職しやすい。今や一般の会社でも「年功序列の昇進は時代遅れ」と言われ始め、実力主義が取り入れられ始めているが、トラック運転手の業界は昔からそれが定着している。今でこそ、いろいろな業界でも、転職しつつキャリアアップし、収入もアップさせるようになりつつあるが、多くの業界では古い価値観も根強く残り、いまだに「転職はデメリット」と言われたりしている。
しかし、トラック運転手なら転職して中型から大型の長距離の仕事へキャリアアップし、収入アップさせていくのも当たり前田のクラッカーだ。

得する若者

おまけに、トラック運転手は高齢化が進んでいると書いたが、逆に言うと、高齢でも働ける会社が増えているということだ。他の業界なら、シニア世代ともなれば後進の指導役や、業務改善のアドバイザー的な役回りをすることが多いようだが、トラック運転手ならシニアでも第一線でハンドルを握ることも珍しくない。それだけにやりがいも大きい。
そんな風に「得をする」のは高齢者だけではない。何と言っても優遇されるのは若手だ。
高齢化が進んでいるだけに、若くて入社すると、先輩たちも優しく、ていねいに仕事を教えてくれる。会社としても大型運転免許の取得を支援してくれたり、キャリアアップをバックアップしてくれる。
もちろん、そういうホワイトな会社を見つけたいなら、ドライバー専門の求人サイトをじっくりチェックしなければならないだろう。ただ、今やトラック運転手業界も労働環境の改善が進み、ブラックな会社も減っている、かもしれないことが期待されている。

-トラックドライバー, 物流業界
-, , ,

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.