ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

トラックドライバー

トラック運転手との結婚

更新日:

不倫問題

結婚相手としてトラック運転手はどうだろう? ちなみにここでは、結婚相手のトラック運転手が男性の場合を取り上げる。
ミもフタもない言い方になるが、そりゃ、その人によるだろう。つまり、トラック運転手と言ってもいろいろなタイプの人がいて、すべて同じじゃない。そして相性もある。
ただ、トラック運転手とはこんな仕事だから、仕事柄、結婚するとこういう生活が高い確率で起こり得るということはある。
例えば、トラック運転手は通常、1人で仕事をする。会社に同僚はいても、一緒に仕事をすることは滅多にない。荷の積み下ろし場所で、他の会社の人と接することはあるが、それも事務的なやり取りをするだけで、短時間で終わる。と言うか、トラック運転手は効率的に荷を運ばなければいけないので、無用な場所に長居はしない。
そんなわけで、女性と接する機会が少なく、世の多くの男性がやってしまいがちな浮気をしている時間的余裕が極端に少ない。よほど普段から女性にマメで、結婚前からとにかく浮気が心配だったという男性でもない限り、それほど浮気を心配することもなさそうだ。
ま、昔から「我が亭主、女房妬くほどモテもせず」と言うし。

1人の時間

それだけではない。トラック運転手は責任感が強く、真面目な人が多い。もちろん、中には責任感が薄く、不真面目な人もいるが、それはほんの一部。
なぜ、トラック運転手ってだけでそこまで言えるのかと言うと、責任感が強く、真面目でないとトラック運転手は務まらないからだ。「そんなのどの仕事だって同じだろ」と言うかもしれないが、政治家さんなんか見ていると、とにかく何が何でも責任なんて取りたくないように見えるし、平気で嘘もつくしねえ。
それは極端かもしれないが、他人の荷を安全に運び、安全運転にも絶えず気をつけなければいけないトラック運転手が、責任感と真面目さがないと務まらないのは事実。
また、長距離のトラック運転手なら、仕事で家を出ると2~3日、長いと1週間くらいは家に帰れない。つまり、妻はその間、家で「夫なし」生活を続けることになる。
結婚したって、誰でもたまには「1人きり」の時間は持ちたいもの。それがかなうのもトラック運転手と結婚してこそなのだ。

-トラックドライバー
-, , ,

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.