ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

トラックドライバー

トラック運転手に向いている人はどんな人か

更新日:

炎天下ではりつけ?

少子高齢化に歯止めがかからず、ここのところどの業界も人手不足が著しい。トラック運転手も同様だ。
そのため「トラック運転手になりたい!」人はいつでも歓迎だが、そうは言っても向き不向きもある。
通常、トラック運転手になりたいというと、まず「車の運転が好き」である人が好ましい。そりゃ「車の運転をするくらいなら、目を閉じられないようにまぶたを上に引っ張られたまま、炎天下にはりつけにされるほうがマシ」なんて「運転嫌い」の人は、どうしたってトラック運転手の仕事は向かない。ただ、この「目を閉じられないように」を読むと「そんなヤツはいない」とすぐ分かる通り、世の中にそれほど車の運転を忌み嫌っている人もいないだろう。
もちろん、中型や大型はともかく、車の運転免許すら持っていないほど、車の運転に興味がない人には相当難しい仕事となるかもしれない。それでもとにかく免許を取ってからの話だ。つまり本人のやる気次第だ。

好き嫌いではない

実はトラック運転手に一番必要なのは、運転を好きかどうかではなく、荷を安全に運ぶことに全力で取り組む責任感や、1人で行うのが基本の仕事をやり遂げられる管理能力なのだ。
トラック運転手の仕事は体力仕事でもあるので、いわばブルーカラーの仕事だ。そして部外者からすると、仕事の内容は「ただトラックを運転しているだけ」に見えてしまう。それで「頭を使わず、簡単にできる仕事」と思い込んでしまう。しかし実際は、効率的な作業や自己の健康管理を考え、安全運転を常に意識しなければできない、高度な専門職だ。ずば抜けたIQではなくてもできるかもしれないが、厳しく自分を律する責任感と管理能力を持っている人が求められている。
トラック運転手は給与が歩合制になっていることが多く、やればやっただけ稼げる仕事になっている。とは言え、トラック運転手に「でも」なって、たんまり稼いでやろうと、「でも」付きで甘く考えていたら、なかなか難しい仕事でもある。

-トラックドライバー
-, ,

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.