ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

トラックドライバー 体験談

トラック運転手にとって最大の強敵

更新日:

大いなる恐怖

大型トラックは死角が多く、周囲の安全確認が大変だ。そのため、我々トラック運転手にとって「大いなる恐怖」とも言えるのが自転車
自転車は車幅がせまく、安定性に欠ける上、基本的に車両なので車道を走る車のそばにも平気で寄ってくる。自転車に乗るのも子どもや高齢者だったりすると、予想もつかない動きをしたりして危なかしい。
いや、青年の世代も危ない。特に昨今は満員電車が敬遠され、通勤に自転車を使う人が増え、それにつれて自転車が起こす交通事故も増えているらしい。要するに、今まであまり自転車に乗っていなかったような人まで自転車に乗るようになり、自転車におけるマナーや交通ルールに疎い自転車乗りが増えたことによるそうだ。
本当にそうだろうか。今まで自転車に乗っていた人だって、しっかりマナーやルールを知っていたかというと、これはやはり信用できないのではなかろうか。

免許制導入

ここは1つ、自転車も自動車同様、免許制にすべきではないだろうか。自転車に乗るには、子どもも高齢者も、ちゃんと交通ルールを学び、マナーを身に着けて乗るように法整備するのだ。
自転車は基本的に自動車などと同じ「車両」だ。そのため、基本的にだが、歩道ではなく車道を走るべき存在ということになる。となると、やはりルールやマナーが必要だろう。
しかし、いざ自転車に乗ってみると、自動車が走りまくる車道なんて危なくて走れない、という現実もある。歩道の横が「自転車通路」となっている歩道もあるが、あそこはどういうわけか歩行者が多くなってしまっていて、やはり自転車乗りは安心して自転車で走ることはできない。
となると、自転車に乗らない、歩行者にもルールやマナーを学んでほしいと思えてしまうなあ。

-トラックドライバー, 体験談
-, ,

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.