ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

トラックドライバー 体験談

子どもの憧れの職業

投稿日:

純真じゃなくてアホ

よく「子どもは純真だなんて言うが、あれは嘘だ。子どもは自分の欲望に素直だから残酷だ」と言うが、その通りかもしれない。
ここのところ、子どもの人気職業にYouTuberが浮上してきた。理由を聞くと「楽そうだから」だという。実に素直だ。
僕が子どものころに憧れた職業はトラック運転手だった。家の近所に産業道路があり、そこをいつもトラックが走っていて、子ども心に「カッコいい」と思った。
「楽そうだから」とYouTuberに憧れるイマドキの子どもに比べると、何とも頭の悪い憧れ方だ。
少なくとも子どものころの僕は「純真」とかではなく「アホ」だった。
けど、それは小学生の高学年のころの話だ。それから歳を重ねるに従って賢くなっていった、わけもなく、「カッコいい」と思う対象が変わっていった。

アホの発想

トラック運転手の次に憧れた職業がスポーツ選手だった。当時はサッカー選手だったかな。
それから思春期になり、女性にモテたくて仕方なくなるとミュージシャンに憧れた。次がゲームクリエーターだ。
でも結局、普通のサラリーマンになった。印刷会社の営業職だ。
「カッコいい」とは無縁の職業のように思えたが、それも「大人になったからこそ」と思った。
つまり「カッコ良さで職業を選ぶのは子どもっぽい、アホな考え」と思ったわけだ。それから「カッコいい」の対局にある「地味な仕事を選ぶこと」を「アホ」の対局の「賢さ」だと思った。
考えてみれば、この発想がまさに「アホの発想」だ。しかし、「アホ」なりゃこそそこに気付かない。
ただ、そんな「アホの発想」で就いた仕事なので、仕事が楽しくない
最近、トラック運転手への転職を真剣に考えている。

-トラックドライバー, 体験談
-,

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.