ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

トラックドライバー

マスクとハンドル その2

更新日:

付けっぱ

コロナ禍マスクは欠かせないものになりました。どこへ行くにも、何をするにもマスクは必携です。
ですが、屋外で1人でいるときなどは、必ずしもマスクを付ける必要はありません。それなのに、1人で外を歩いているのにマスクを付けているのが多いのは、それだけやはり感染が怖いのでしょうか。その割りにアゴにマスクをかけたりしている人もたまにいて、マスクをちゃんと感染予防に役立てていないようなので、もう何が何やらです。
恐らく、1人で外歩きをしていてマスクを付けているのは、マスクが必要な場所でマスクを付け、それ以外の場所ではマスクを外すという、マスクの付け外しが面倒くさいからでしょう。
大事なところでマスクを付け忘れるのも何だし、それじゃ、外出するときはずっとマスク付けっぱでいいやというわけです。

忘れがち

ちなみに私はトラックドライバーです。トラックドライバーは基本的に1人でトラックを運転します。バスやタクシーのようにお客さんを乗せることはありません。
トラックドライバーの中にも宅配便のドライバーのように、割りとこまめにトラックを乗り降りし、しかも人と接する仕事もあります。そういうトラックドライバーはやはりマスクの付け外しが面倒になり、ずっと付けっぱかもしれません。
しかし、私が一度トラックの運転席に座ると、それから数時間は人と接しません。ですから、運転中は基本的にマスクを外しています。ただ、コンビニや飲食店に入るときはマスクをします。
そういうときは「たまに」なので、思わずマスクを付け忘れたりもします。
運転中は、腕にマスクの紐を通してハンドルを握っています。これなら、トラックから降りても車内に置き忘れることはありません。ただ、そのまま店の敷地に落としてしまうこともあります。

-トラックドライバー
-

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.