ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

トラックドライバー 物流業界

未来のトラックに乗りたい

更新日:

ドライバーの恐怖

あらゆるドライバーにとって交通事故は絶対に避けたい恐怖です。
それにも関わらず、毎日のように交通事故が起きています。あらゆるドライバーが避けたいと思っているはずで、中に自ら交通事故を起こす気満々でハンドルを握っている人がいるとは到底考えられません。
ただ、あおり運転をする人なんて「自ら交通事故を起こしたいと願っている」としか見えないのですが。
それはともかく、特に私のようなトラックドライバーをはじめとした職業ドライバーは、他の人よりハンドルを握る時間が長い分、交通事故のリスクも増えるので、恐怖も深刻です。トラックは車体が大きいだけに、事故があった場合、明らかに相手にミスがあっても加害者にされがちですからなおさらです。
そんな恐怖と戦いながら、日々トラックを運転して物流に貢献する我々トラック運転手を、我ながら「偉い!」とほめてあげたくなります。

素晴らしき未来

トラックドライバーの人手不足が問題となり、その解消策として自動運転システムの開発が進められています。ドライバーがいなくてもトラックが荷を運ぶようになれば、人手不足も問題がなくなるというわけです。
これによって「失業するんじゃないか」と恐れているトラックドライバーもいます。技術的にはすぐにも実現しそうですが、現実問題、無人のトラックが公道を走るようになるまでは、まだまだかなりの時間がかかるような気もします。
そうなる前に、運転の一部が自動になる時代が来るでしょう。高速道路だけ自動運転になるとか、自動運転が基本なんだけど、何かあったときにはすぐ人間が運転するとか、です。
そうなれば、トラック運転手の仕事はとてもになりますね。ずっと運転してなくて済むんですから。
それに、それだけ自動運転システムが万全になるってことは、今もある自動ブレーキなどもとてつもなく高性能になるはずです。それだけではなく、きっと、あらゆる「交通事故回避装備」が開発され、備えられるようになります。
そんな楽で安全な未来のトラックを運転したいものです。

-トラックドライバー, 物流業界
-, ,

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.