ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

トラックドライバー

よく聞かれるけど

更新日:

人生に涙あり

トラック運転手という仕事をしていると、知り合った人からよく「トラック運転手って楽な仕事なの?」とか「トラック運転手って過酷な仕事でしょ」とか言われる。返答に困る。
ミもフタもない答えだけど「どっちもその通り」だからだ。
言い方を変えると「楽なこともあれば過酷なこともある」となる。
けど、それってどの仕事でもそうでしょ。
例えば、今の子どもは「楽そうだから」とYouTuberに憧れるらしいけど、大人から見たらYouTuberとして生活できるレベルの収入を得ようと思うと大変そうだし、それでいつまで続けられるか将来性を考えると、これまた不安しかない。
しかも「楽か過酷か」を考えるなら「向き不向き」もある。つまり、YouTuberは出勤しなくていいし、上司や先輩社員に怒られることもないので楽そうだけど、自分の姿をさらすことに耐えられない人や、むしろ上司や先輩に怒られてもいいから誰かとのふれあいがほしい人には、毎日自宅でコツコツ動画撮影なんて過酷かもしれない。

一番大切なのは

ま、それほど他人の仕事に関心がないから「楽なの?」「過酷なの?」という聞き方になるのだろう。
本当にトラック運転手という仕事に興味があるなら「トラック運転手の仕事は楽」と言っている話の「楽」を、より具体的に調べてほしい。もちろん「過酷」の具体的なことも調べるべきだ。
ただ漠然と「楽な仕事」ばかりを探していると、ずっと見つからないだろう。だってそんな仕事はないから。「過酷」を避けてばかりいても、多分見つからない。
だから「好きか嫌い」を軸に探すといいかもしれない。
「好き」なら「過酷」なことにも多少は耐えられる。「好き」なら「楽」は「ラク」ではなく「楽しい」になる
「好き」は「興味」「好奇心」でもいい。
もちろん、人生で一番大切なのはお金であり、その獲得のためならどれほど「過酷」でも「嫌いな仕事」でも構わないなら、そういう価値観もアリだろう。
それはそれでいいかもしれない。ただ、精神を病まないことを祈るけど。

-トラックドライバー
-, ,

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.