ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

トラックドライバー

トラック運転手の仕事は過酷だけど戦わないといけない

更新日:

リスクはストレス

トラック運転手は平均年収が450万円から700万円くらいと言われ、「やればやっただけ稼げる職業」となっています。
しかし、その一方で「拘束時間が長く、働いた割りには低収入の過酷な仕事」とイメージされています。
確かに、人によっては「とても辛い」と感じることも多いでしょう。「人によって」なので、違う人にとっては「トラックを運転してりゃお金が稼げるおいしい仕事」かもしれません。
シンプルな話、たとえば運転が嫌いな人には辛いでしょうし、運転が好きな人には楽しいでしょう。
そんなわけで、良い面もあれば悪い面もあるのが、トラック運転手の仕事です。とは言え、どんな仕事でもそんなものです。
それでも、一般的には普段より忙しくなると、その普段との違いがストレスにはなってきます。
トラックに限らず、車を運転すると常に交通事故のリスクがあり、この交通事故のリスクはストレスになりますから、仕事が普段より忙しくなると、やはりストレスは増します。「過酷さ」が強調されてしまうわけです。

過酷を覚悟

そんな、普段より過酷な状況の中、差別的な扱いを受ければ、ダメージはさらに増すでしょう。
トラック運転手として働く僕の友人は、かつてこんなことを言っていました。「過酷さも覚悟すればいい」と。
どんな仕事にも「過酷さ」があると「覚悟」していれば、意外とこなせるそうです。そういや僕も社会人になりたててのころ、ハードボイルドな上司に「腹をくくれ」と何度も言われました。
実際は、覚悟したつもりでも、腹をくくったつもりでも、辛いものは辛いです。それでも、覚悟していないよりは数段マシなのかもしれません、たぶん
腹をくくっている僕の友人は、よそから悪く言われても感情的に怒ったりせず、それも受け止め、黙々と仕事を続けています。
その友人は女性ですが、とても男気があるように思えます。

-トラックドライバー
-,

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.