ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

タクシー運転手 体験談

タクシー運転手の地道な作業

更新日:

不快に思うお客

タクシー運転手の仕事は接客業でもあります。お客さんを「快適に」目的地まで運ばなければいけません。
今やほとんどのタクシーが禁煙ですが、昔はヘビースモーカーのタクシー運転手もザラで、タクシーに乗るとタバコの匂いがして不快だった、なんてこともよく聞きました。
何にせよ、タクシー運転手は車内の匂いにも気を使います。ギョーザ好きの運転手でも、昼食にギョーザを食べてそのまま仕事に戻るようなことはしてはいけません。匂いを消すか、そもそもギョーザを我慢します。
それほどまでにタクシー車内のクリーンな環境の保持に気を使うのがタクシー運転手の務めです。しかし、もちろんお客さんのほうはそんな風に気なんか使ってくれません。

食欲そそられる僕

タクシー車内で飲食するお客さんはあまりいませんが、それでも食料をテイクアウトして車内に持ち込み、その匂いが後部座席から妙に運転席に漂ってくる、なんてことは珍しくありません。ハンバーガーとフライドポテト、フライドチキンなどが多いですね。
あういうファーストフードの匂いは不快に思う人も多く、これまたそのお客さんが降りた後の匂い消しが大変です。僕は不快に思わず、食欲そそられるほうなので、思わずハンバーガーショップに寄りたくなっちゃいますけど。
ギョーザを食べたお客さんが乗ってきて、降りた後、車内に匂いが残っていることもあります。やはり匂い消しが大変です。

-タクシー運転手, 体験談
-

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.