ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

トラックドライバー 物流業界

ノーモア! 睡眠不足

更新日:

義務化

長距離のトラック運転手の仕事は結構過酷だ。
渋滞を避けるためもあって、深夜にトラックを走らせることも珍しくない。そうやって届け先に早朝到着し、会社が開くまで車内で仮眠する。
そんな勤務はよくあることでもある一方、きちんとした睡眠もトラック運転手にとっては大切。過酷な仕事ゆえ、きちんとまとまった睡眠が難しいこともあるが、睡眠不足から事故を起こしたら元も子もない。
また、そのためにトラック運転手には休憩時間に関してもちゃんとした規則がある。そしてさらに、昨年2018年6月に施行された改正輸送安全規則で、トラック運転手の睡眠チェックが義務付けられた。

マニュアル化

点呼時に運転手が「睡眠不足」と申告したり、申告していなくても運行管理者などが「この運転手は睡眠不足」と判断したら、運送業者はその運転手を乗務させてはいけないというものだ。
ただし、運行管理者もその運転手が睡眠不足かどうか、どうやって判断したら良いか、困るかもしれない。
しかし、運行管理者の皆さん、安心してください。
全日本トラック協会が「トラックドライバー睡眠マニュアル」なるものを作ることになった。運転手に必要な睡眠の知識とともに、運行管理者がどこに着目して睡眠をチェックすればいいかなどが盛り込まれるとか。ちなみにマニュアルの完成は9月ごろらしい。
睡魔はトラック運転手の大敵だ。その睡魔の原因ともなる睡眠不足を追い払い、質の高い睡眠を手に入れることが、すべてのトラック運転手の願いだと思う。
それを実現させた、健全で健康なトラック運転手ばかりになる日を願う。

-トラックドライバー, 物流業界
-, ,

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.