ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

トラックドライバー

トラックドライバーの熱中症対策

更新日:

怖い脱水状態

暑い日が続く夏。トラックドライバーは熱中症に気をつけましょう。
いえ、熱中症は誰もが気をつけたいのですが、トラックドライバーは特に気をつけていただきたいのです。
トラックドライバーは基本的に仕事の大半をエアコンの効いた運転席で過ごします。そのため「熱中症なんて関係ないねー」と考えがちです。
しかし、荷の積み下ろしのときにはトラックの外に出ます。しかも、荷の積み下ろしが手作業の場合、めっちゃ肉体労働になります。汗を大量にかきます。
こうして脱水状態になります。このまま水分を取らないと脱水状態が続きます。
トラックドライバーは運転中、なかなかトイレに行けないので、つい水分摂取を控えがちになります。それで脱水状態が続き、しまいにゃ気分が悪くなる、すなわち熱中症となるわけです。

健康は睡眠から

エアコンは適切な温度設定でちゃんと使いましょう。そしてこまめに水分を補給することが肝心です。エアコンの使用で車内は乾燥するのでなおさらです。
また、スイカ、キュウリ、メロンなどの瓜は利尿作用があるので、食べ過ぎるとやはり脱水状態を招きやすくなります。ほどほどに。
カフェインを多く含んだコーヒー、お茶や、アルコールも利尿作用が強いと言われています。アルコールは運転では絶対に飲んではいけないので問題外ですが、眠気を抑えるためのコーヒー、お茶も飲み過ぎないようにしましょう。
やはり日ごろからきちんと睡眠を取り、万全の体調でいることが何よりです。

-トラックドライバー
-

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.