ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

その他ドライバー タクシー運転手 トラックドライバー 物流業界

運転者職場環境良好度認証制度への期待

更新日:

見える化

トラックもバスもタクシーも運転手が不足していると言われています。
どれも「労働環境が劣悪なのでは?」という悪いイメージが広がっているのもその一因です。
それでトラック、バス、タクシーの業界では労働条件や労働環境を改善し、運転手を確保・育成していくための取り組みを進めています。
そして2018年6月、国土交通省が有識者、事業者団体、行政による検討会を設置し、働き方改革を重視した「ホワイト経営」への自動車運送事業者の取り組み状況を「見える化」する認証制度を創設することになりました。
この2019年6月、その検討会による報告書がまとめられたようです。
この認証制度が「運転者職場環境良好度認証制度」です。

求職者のための

これまでもトラックやバスに関する評価制度はありました。ただ、それは主に運行の安全性に関して評価・認定する、荷主や旅行業者のための制度でした。
一方、この新たな認証制度である「運転者職場環境良好度認証制度」は、主に運転手の労働条件や、労働環境に関して評価・認証するもので、つまり求職者へ情報提供を行うための制度というわけです。
トラックやタクシーなどの運転手の仕事にはさまざまなメリットがあります。そうしたメリットから運転手という仕事に興味を持った人も「ブラックな会社に就職してしまったら嫌だな」と思うところがあったはずです。この新しい制度の普及によって、運転手業界に就職しようという人が増えることが期待されます。
ちなみに現在、今年2019年7月24日を締め切りとして、この認証制度の実施団体を公募しているようです。制度の実施はその後になるわけですね。

-その他ドライバー, タクシー運転手, トラックドライバー, 物流業界
-, , ,

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.