ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

タクシー運転手

世にも恐ろしいタクシードライバー

更新日:

踏み倒しは許しまへんでー

先日、レンタルDVDで「ナイト・チェイサー」って映画を見ました。
私が借りたわけではなく、父親が借りてきて居間にあったので、ちょっと拝借して自分の部屋で見たんです。
ちなみに2015年のフランス映画です。日本でも期間限定、劇場限定ですが公開されたみたい。
こんな話。主人公はイギリス人青年で、2年ぶりでパリにやって来ます。主人公を迎えたのは、付き合いの長そうな悪友と元カノ。主人公は2年前に突然彼女の前から姿を消し、また今は悪友と彼女が付き合っているカンジです。
3人はパーティに行きますが、元カノは途中で帰っちゃいます。主人公と悪友は悪酔いし、深夜になって外へ出ます。悪友が「他の友達のパーティに行こう」と言い出し、2人はタクシーを拾います。
悪友の友達宅の近くに来て、2人はタクシー料金を払わずに逃げます。すると、そのタクシーは2人を追います。逃げても逃げても、2人の前にそのタクシーが現れます。

道の熟知が大切

逃げ疲れた2人はタクシーに向かって「金がほしいならくれてやる!」と言ってお金を投げつけます。しかし、タクシードライバーは無視。
途中でタクシードライバーは主人公たちを捕まえられるタイミングもあるのですが、無理に捕まえようとはしません。もちろん、ただ「追う」のが楽しみというサイコパスではありません。タクシードライバーの目的は何なのかという謎が、サスペンスを引っ張ります。
ラストは「何それ?」って感じですが、個人的には決して嫌いになれないお好み定食でしたよ。80分の短い映画なので、ま、ヒマでヒマで仕方ないという人は探して見てみてください。
父親がなんで借りたかというと、たぶんタクシードライバーが活躍する映画だからでしょうね。父親もタクシードライバーなので。もちろん、ウチの父親は「ナイト・チェイサー」のタクシードライバーみたいに不気味じゃありません。
ただ、主人公たちがいくら逃げてもタクシーが現れるのは、タクシードライバーがパリの道を熟知しているからです。タクシードライバーになりたての、道に詳しくない人だったら、主人公たちにすぐに逃げられちゃいます。

-タクシー運転手
-, ,

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.