ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

トラックドライバー 物流業界

女性トラックドライバーのメリットとデメリット

投稿日:

男社会ならでは

2014年、国土交通省が女性のトラックドライバーを増やす取り組みとして「トラガール促進プロジェクト」を始めました。長引くトラック運転手の人手不足を解消するための取り組みでもあると思われます。
このプロジェクトによって女性が働きやすい労働環境の改善に手をつけた企業もあるようです。ですが、長年「男の仕事」として続いてきた業界だけに、女性ドライバーにはまだまだ山アリ谷アリです。
実際、女性が働きやすい労働環境の改善に努める企業が出てきたとは言え、まだ改善に取り組んでいない企業も多いです。例えば、女性用の更衣室やトイレなどがなかったりします。
それだけではなく、経営者から同僚の男性ドライバーも含め、時代遅れも甚だしい偏見、差別意識に満ち溢れたアホウが結構います。女性ドライバーが何の根拠もなく見下されたり、中にはセクハラ発言されたりもします。

ファイト!

差別や偏見に甘んじる必要はありません。とことん戦うべきですが、女性ドライバーには、そんな戦いもあり得るという覚悟は必要です。
また、そもそもトラック運転手の仕事は体力的には厳しい仕事です。そこに男女差はありません。理不尽な差別とは戦うべきですが、厳しい仕事は覚悟しなければいけません。
もともと男社会だった職場なので、たくさん頑張らねばいけないのは確かです。
しかし、そんな悪いことだけではありません。
その会社が「女性が働きやすい環境を整えている」かどうか、求人をチェックするときにきちんと確認しましょう。面接のときにも確認しましょう。すでに女性ドライバーがいる会社なら、彼女らに直接話を聞いてみるのもいいでしょう。
女性ドライバーは業界全体でもまだまだ少ないので、貴重な人材として大事にされる、ということもあります。「さすがに女性は仕事がていねいだね」なんて、喜ばれることもあります。

-トラックドライバー, 物流業界
-, ,

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.