ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

トラックドライバー

トラック運転手としてたくさん稼ぐには

更新日:

大変です

トラック運転手としてたくさん稼ぐには、大型トラックで長距離配送の仕事をすることが必要です。
しかし、長距離の仕事は深夜に運転することもあり、生活が不規則になります。1日の大半をトラックの運転で過ごすので、ちゃんと風呂に入ったり、ベッドで寝るということがままならないこともあります。入浴はサービスエリアのシャワーで済まし、睡眠は車内での仮眠で済ますのも珍しくはないです。食事も、自分で気をつけないと偏ったものになります。
それに長距離のトラックの運転は、それだけ長時間、同じ姿勢で運転席に座っていることになるので、腰も痛めがちです。
よほど長い距離だと、5日間くらい家に帰れないこともあります。ただ、それほど大変な仕事は給料も良いです。そのために大変な仕事も頑張ることができます。
また、だからと言って「大変」なことだけじゃありません。
運転手になるくらいなので、もともと運転が好きという人が多いですが、その「好きな運転」を思う存分できるのはやはり楽しいです。
長距離なので仕事とは言え、いろいろ遠くに行けるのも楽しいです。

工夫次第

こんな「大変だけど楽しい」トラック運転手として、持っておくと良いグッズがあります。
まずはお風呂セットと寝具。これがあればいつでも入浴でき、いつでも眠れます。長距離のトラック運転手は、入浴と睡眠は「できるときにやる」のが基本ですから。
それにポットや冷温庫もあると便利。温かい飲み物、食べ物、冷たい飲み物、食べ物(デザートとか冷ややっことか)を車内で楽しめます。
スマホの充電機器だのポータブルなオーディオ、DVDプレーヤーがあると、配送ドライバーに付きものの「待ち時間」も快適に過ごせます。
運転しながら音楽を楽しむ運転手もいますが、これはほどほどにしたほうが良いですよ。他の車の動きや救急車両のサイレン、それに自分のトラックのエンジン音の不調など、運転手として耳に入れなければいけない情報は運転中にもいろいろありますから。
「楽して稼げる」なんて詐欺のだまし文句であり、そんな仕事は存在しません。ですけど、たくさん稼ぐための大変な仕事も、工夫次第で少しは大変さを減らすことはできます。頭を使って工夫してみましょう。

-トラックドライバー
-, , , , ,

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.