ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

タクシー運転手

第二種免許の受験資格緩和の件を聞いて

投稿日:

タクシードライバーになりたい若者に朗報

バスやタクシーの運転に必要な第二種運転免許の受験資格の緩和を認める提言が発表された。
現在、第二種免許は21歳以上で第一種免許取得後3年以上経っていないと受験できないが、せめて第一種取得後1年以上にしてほしいなどという内容だとか。
これを取り入れるかどうか、警視庁が検討しているらしい。実現すれば、タクシーやバスの運転手になろうというときのハードルが下がり、人手不足の解消につながるかもしれないと期待できる。
もちろん、ハードルを下げるからといってゆるくするわけじゃない。その代わり、取得時の心理教育に力を入れ、違反などへのペナルティも厳しくし、十分な安全対策も講じる。
でもまあ、タクシードライバーという仕事に興味津々の子どもたちが高校を卒業するころには、早めにその仕事に就けるようになっているかもしれない。そうなったらいいな。

教育の課題

とは言え、第二種免許の入り口を改善するのも大事だが、タクシーの安全走行の鍵を握るのはやはり1人1人のタクシードライバー。そしてタクシードライバーのレベルを高め、その高い位置を維持するのはタクシー会社の務めに違いない。
ましてや、子どものころからの憧れが、今までより早めに現実になるのだから、小学校、中学校でも今まで以上に交通安全教育に力を入れよう。
交通安全教育とはつまり、命を守る教育だ。人の命は自分のも他人のも同じように大切であり、これを守ることの尊さを子どもたちに教えよう。
子どもたちが他人や自分を尊重することを覚えれば、いじめもなくなるかもしれない。
タクシーやバスの運転免許を早めに取得できるようにする取り組みは、いじめの撲滅にもつながるぞ。

-タクシー運転手
-, ,

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.