ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

トラックドライバー 体験談

高収入で休みも多くて誰でもなれる職業

更新日:

分かってほしいこの気持ち

僕は営業職を経てトラック運転手に転職した、世間じゃそこそこありがちな人生を歩んできた30代後半男。
僕が学校卒業後にまず考えたのは「高収入」だった。そりゃ、どうせこの世に生まれたからにゃ、お金もほしいさ、名もほしい。僕だって人間だし、僕だって若いんだ。
それで不動産関係の営業職に就いたんだけど、これが休みはない上にストレスがものすごくて、個人的には最悪だった。給料がいくら良くても、こりゃたまらんってわけで、2年ほどで退職。休みがないくらい忙しかったので、貯金もかなりたまってたけどね。
とにかく、高収入で休みも多いって仕事を探した。医者は高収入だけど休みが多いようには思えなかったし、第一、医者になるには受験勉強が大変だし、学費もかなり必要だろう。
スポーツのプロ選手も高収入だろうけど、なるには特別な才能が必要だし、それに現役として稼げる期間も長くはないだろう。そんなのイヤだ。
パイロットも高収入だと思ったけど、やはり勉強が大変そう。

医者や弁護士よりも運転手

高収入で休みも多くて誰でもなれる職業って何だろう?と考えた。行き着いたのがトラック運転手だった。
高収入と言っても、年収450万円くらいなので、それほどでもない。けど、IT実業家でもなけりゃ、医者や弁護士でもないのでこんなもんだろう。嫁さんと愛娘と、家族3人で食べていくには十分。
休みは年間120日あるし、おまけにストレスは皆無。大型トラックで長距離を走っているけど、時間的にはあまりきつくない仕事が多いので、時間厳守を気にして胃を痛くすることはない。
最初は中型トラックから始めて大型トラックへとステップアップしたが、大型免許取得も会社がバックアップしてくれた。
トラック運転手は職業として人気がなく、人手不足だそうだ。高収入で休みも多くて誰でもなれる職業なのに、不思議で仕方ない。ま、人気がないからこそ、僕もすんなりこの職業に就けたんで文句はないが。
早朝勤務もあるけど、もともと早起きなのでちっとも不満はない。長時間の運転姿勢は腰を痛めやすいとも言うけど、これまた日ごろから体を鍛えているので、今のところ全く問題ないしね。

-トラックドライバー, 体験談
-, , , ,

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.