ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

その他ドライバー

バス運転手の平和な日々

更新日:

年収400万円以上の仕事

私はバス運転手の仕事をしています。40代男です。
バス運転手の仕事も、トラックやタクシーなどほかの運転手同様、人手不足が続いています。業界として努力はしているようなのですが、その努力はあまり知られていないようです。
自分で言うのも何ですが、トラックのような「荒くれ男の仕事」というイメージもありませんし、タクシーのような「乗客を探さないと収入に響く」ということもなく、トラックやタクシーより人気があっても良いはずなんですけどね。
恐らく、多くの国民がトラック運転手やタクシー運転手ほどには「確固たるイメージ」を持っていないのではないでしょうか。
バス運転手の平均年収は400万円以上で、トラック運転手の年収よりずっと良いことになります。自分がバス運転手なので、気になっていろいろ調べました。

ドラマにならないバス運転手

トラック運転手は「トラック野郎」シリーズ、タクシー運転手は「タクシードライバー」と、それぞれを主人公にした映画があります。ついでに言うと、電車の運転士を主人公にした映画もあります。けど、バス運転手を主人公にした映画ってあります?
バス運転手ってドラマになりにくいんですかねえ。実際、バス運転手として仕事をしているといろいろなドラマがありますよ。
ま、確かに「トラック野郎」じゃなくて「バス野郎」じゃ映画になりません。いくら昭和でも腹巻き、ダボシャツのチンピラルックではバス運転手になれませんし、デコバスも無理です。「バスドライバー」じゃ「タクシードライバー」のような“孤独な狂気”は表現できないかもしれません。
それでも、元刑事のバス運転手が事件を解決する「バスドライバーの推理日誌」なんてドラマができれば、多くの国民がバス運転手の仕事に関心を持つかもしれませんよね。ただ、路線バスにしろ高速バスにしろ観光バスにしろ、事件を推理しているヒマはないかも。

-その他ドライバー
-

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.