ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

その他ドライバー

さまざまなプロドライバー パッカー車ドライバー編

更新日:

つまりゴミ収集車

パッカー車とは主にゴミ収集に使われる、トラックに似た車両のことで、塵芥車、清掃車とも呼ばれています。一般にはゴミ収集車、業界ではパッカー車、法的には塵芥車と言うようです。
載せるのは家庭ゴミだけではなく、産業廃棄物、段ボール、新聞・雑誌など、さまざまです。ただ、手で荷台に古新聞紙などを積むのはパッカー車ではありません。自動的に荷箱に押し込み、圧縮する装置を備えている機械式収集車のことです。
収集物の積み込み法によって回転板式、圧縮版式、荷箱回転式があります。回転板式は、回転板で収集物をかき上げる方式で、圧縮板式は収集物をプレスしてからかき上げて積み込みます。荷箱回転式は、ドラムを回転させて収集物を巻き込み、荷箱内に積み込みます。
基本的にはトラックの運転と同じ免許で運転することができ、大きさによって中型、大型の免許が必要になります。

求人内容は?

求人でゴミ収集車運転手と出ていたら、このパッカー車の運転手のことと思って、まず間違いないです。パッカー車ドライバーと書かれている場合もあります。
上記のようにパッカー車と言っても運ぶものにはさまざまな種類があります。応募する際は求人内容をよく読みましょう。
作業内容も、ドライバーは運転だけして助手が積み込む場合、助手と一緒にドライバーも積み込む場合、1人で運転して積み込む場合、積み込みのほかに仕分けなども行う場合と、さまざまです。
基本的には決まったルートを回るので、残業もほとんどなく、日曜、祝日はきちんと休める職場が一般的です。
ゴミ収集作業員という大枠で収入を見てみると、平均年収は300万円~500万円程度だと言われています。ただ、勤務先によって違いもあり、勤務日が少ない職場では当然収入も少なくなります。
求人は民間業者によるものと、自治体によるものがあります。また、自治体から委託されている民間業者も多くなっています。仕事内容は同じですが、自治体の場合、公務員になるので、求人も少ないようです。

-その他ドライバー
-

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.