ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

トラックドライバー 体験談

700キロを突っ走る

投稿日:

どの700キロ?

僕はトラック運転手の仕事をしているが、先日、700キロの仕事をやった。
700キロと言っても距離ではない。
ちなみに距離で700kmと言うと、東京から青森くらいまで。そんな仕事もないことはないけど、僕にとっては滅多にあるものじゃない。
さて、先日やった700キロの仕事というのは、重量700キロの荷を届けるというもの。一体、そんな重いものとは何だったのかというと、工場で使う製造機械。
こいつを荷台に載せるには重機を使う。それからしっかり固定し、運転中に荷台の中であちこち転げ回らないようにする。

怪獣輸送大作戦

そういや昭和のころの特撮ヒーローもののテレビ番組で、怪獣をトラックの荷台にくくりつけて運ぶってのがあった。実際のその番組を見たわけじゃないけど、僕も子どものころは特撮ヒーロー好きで、ネットでそんな画像を見たことがある。
700キロの機械をトラックで運んでいるとき、ふとそんなことを思い出しながらハンドルを握っていた。現実には、仕事でドラマチックなことなんて起こったりしないけど、でもやっていることは結構ドラマチックなのかもしれない。
すると、次に回ってきたのは、距離にして約700キロを走る仕事だった。もちろん日帰りじゃできない。
ちなみに荷は軽いものだった。
しかし、700kgの次が700kmって、配車担当はわざとやっているのか。
その次はもしかして700kgを700km運ぶ仕事が来るのだろうか。

-トラックドライバー, 体験談
-, ,

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.