ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

トラックドライバー 体験談

楽して稼げる仕事

更新日:

楽かどうか

楽して稼げる仕事なんてありません。
実際に年収1000万円なんて人もいます。医者、弁護士、実業家といった人たちの中には、それだけ稼いでいる人もいるでしょう。でも、その仕事が「楽」かというと、全然違います、たぶん。
バラエティ番組で「おいしそう」とか「ひどい」とか「ヤバい」とか、当たり障りのないことを言ってギャラをもらっている、タレントと称する人。「楽」そうです。でも、年収はたいしたことないでしょうし、年収を上げ、さらに仕事を続けるには、ちょっとでも気の利いたコメント、リアクションを多種多様に繰り出していかなければいけません。気分が落ち込んでも失恋しても、いつも変わらぬテンションでいなければいけません。売れっ子にならなきゃ生活できず、売れれば休日も睡眠時間も激減です。どう考えても「楽」じゃなさそう。
会社に行かず、自宅内で他人と接することなく、他愛ないことをやった動画をアップして稼ぐYouTuberはいかにも「楽して稼いでいる」ようです。

好きか嫌いか

けど、単に動画をアップしたってすぐには皆は見てくれません。皆に見てもらわないと収入には結びつきませんし、それで生活しようと思ったら、その人気を維持しなければいけません。お笑い芸人がそうであるように、これまた相当な努力や才能が要るでしょう。

好きなことを仕事にする人がいます。人生の中の大部分をそれに費やすのですから、それが好きなことに越したことはありません。
仕事は辛いこともあるので、好きなことを仕事にすると、それを嫌いになってしまうから、あえて好きなことは仕事にしない人もいます。
得意なことを仕事にする人もいます。ただ、細かい手作業をメインとした職人さんは「特別に器用でなくてもできる」と言います。得意じゃなくても、経験を積めば上達することもあります。

職業選択に正解はないんですね。

自分にとっての「楽」

楽して稼げる仕事はないと、分かっていながら、人はそれを求めてしまいます。まさに「分かっちゃいるけどやめられない」です。

さて、かくいう私は長距離のトラックドライバーをしています。運転が好きでしたし、サラリーマンの人間関係は苦手なので、この仕事を選びました。
しんどいこともありますけど、他の職業に就くことを考えると、自分にとっては「楽」な仕事です。長距離トラックに付きものの長時間の拘束も特には苦になりませんし、荷役も嫌だと思ったことはなく、他の作業も同様です。最初はわけも分からず、言われるままにやっていましたし、その後は慣れました。「慣れ」って恐ろしいものです。
就職した会社がブラックじゃなかったという点も大きいかもしれません。ネットで検索していると「トラックドライバーの仕事は最悪」というトラックドライバー自身の書き込みも見ますけど、恐らくブラック企業に就職してしまったのではないかと思います。もしくは、どんな仕事に就いても不満に思う人なのかも。

-トラックドライバー, 体験談
-, ,

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.