ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

トラックドライバー 体験談

トラック運転手の収入の変動

更新日:

たくさん稼ぐために

俺は高学歴でもないし、得意なスポーツがあるわけでもない。
だからというわけじゃないが、トラック運転手になった。普通の商社に入って出世するとも思えなかったし、店員とか接客業もガラじゃない。建築とか建設とかはキツそうだったし、それに親方とか怖そうだ。俺はヤンキーでもなかったので、そういう上下関係も苦手。
トラック運転手は、基本的に仕事は1人ででき、筋肉もそれほど使わず、しかも頑張ればたくさん稼げると聞いた。それでトラック運転手になった。
だが、これはこれで大変だった。
トラック運転手でたくさん稼げるのは、大型トラックで長距離輸送をたくさんやったときだ。トラック運転手になりたてのころは、もちろん大型運転免許なんて持っていなかった。だから、普通運転免許で運転できる小型トラックで仕事をしながら中型、大型とキャリアアップしていった。勤務先も、中型でたくさん稼げる会社、大型でたくさん稼げる会社へと移っていった。そういう運転手は多いらしく、前の会社も次の会社に移る俺を、快く送り出してくれた。

働き方改変

こうして大型トラックで長距離輸送の仕事を始めた俺だが、長距離は拘束時間も長く、それだけ家に帰ることもできなかったので、精神的には辛かった。ただ、それで家族はそれなりに生活できた。
だが、子育てが一段落すると、妻もまた外で働きたいと言い始めた。そこで俺は自分の仕事をセーブすることにした。
今はそこそこの距離の輸送をそこそこの頻度でこなし、そこそこの収入を得ている。精神的にもキツさがないので、その分、この歳になって仕事が以前より楽しくなってきた。
そして家族との時間が増えた。妻とは時間がすれ違うことも多いが、スマホで密に連絡を取り合い、会えるときにはしっかり時間をつくるようにしている。お互いに仕事をしているので、同じ社会人として会話が増えた気がする。
妻は最近、社内で責任ある仕事を任されるようになり、それはそれで大変そうだが、充実しているようだし、2人合わせて収入も以前よりアップし、子どもたちの進学に足りる感じ。
若いころは「とにかく稼ぎたい」と思ってトラック運転手になった俺だが、年齢とともに仕事に求めるものも変わってきた。これは思ってもみなかったことだが、結果としては良かった。

-トラックドライバー, 体験談
-, ,

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.