ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

トラックドライバー

大型車を運転するコツ

更新日:

早めにハンドル

大型トラック、大型バスのような大型車両を運転するには、普通自動車を運転するのとは違ったコツを身につける必要があります。大型車と普通自動車では運転席の高さも違いますし、車体の大きさも違いますし、タイヤの内輪差も違います。
ハンドルを大きく切ると内輪差が大きくなり、カーブを曲がるときに後ろのタイヤが歩道などに乗り上げたり、最悪、バイクなどを巻き込んでしまう危険があります。あせらずゆっくり、サイドミラーで確認しながら慎重にハンドルを切りましょう。
要するに「普通自動車と違う」ことを意識しなければいけないのです。そして普通自動車とは違う大型車の長さ、幅、高さに慣れることです。
運転席は普通自動車より1.5~2倍ほど高い位置にあります。そのため真下や間近なところは見えにくくなっていますので、ミラーなどを駆使して確認を怠らないようにしなければいけません。
その代わり、遠くまで見渡せるというメリットもあります。

大きな武器

とにかく大型車は大きいので、隅々まで目が行き届きにくくなります。大丈夫と思ってバックしていて、後ろの看板などにぶつけてしまわないとも限りません。車体や荷物が無事でも、看板などにぶつけて破損させたら弁償です。
やはり大型車の運転に慣れることです。車体感覚をつかみ、ミラーでの確認も怠らず、安全な運転を心掛けなければいけません。
前述したようにハンドル操作の感覚も普通自動車と違いますし、車体が重いので、アクセル感覚も違います。
このように大型車の運転は普通自動車の運転とは違う、専門的な技術です。今の先行きの見えにくい社会にあって、専門的技術を身につけていることほどの大きな武器は滅多にありません。
また、多くの女性が「可愛いから」という理由で軽自動車に乗りたがりますが、逆を言えば大型車はカッコよく、これを自在に操るのも「カッコいい」と言えることになります。大型車の運転手は「大きな武器を持ってカッコいい」となるのが、論理的思考による結論と言うものではないでしょうか。

-トラックドライバー
-, ,

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.