ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

物流業界

物流ヒーロー、トラック配車マン

更新日:

オレがやらねば誰がやる

物流会社の主役と言えばトラック運転手です。それが一般的な認識です。
それならば物流会社の「縁の下の力持ち」と言えるのが配車マンかもしれません。
配車マン、つまり配車担当、もしくは配車係の仕事は、荷物を配送したい顧客などの「いつまでにどこに、何をどれだけ運んでほしい」という要望に応えてトラックを手配し、運転手に荷物の配送を指示することです。このとき、トラックの動き、運転手の動きを効率的なものにし、また効率的に売り上げを伸ばせるようにします。
また、ドライバーが不公平感を持たないように、仕事を公平に割り振らなければいけません。
顧客の中には、スケジュール的にも予算的にも無理を言ってくる人がいます。配車マンはその際も会社にとってのメリット、デメリットを瞬時に判断し、仕事を受けるかどうかを決めます。
ときには無理を承知で運転手に仕事を振ることもあります。また、運転手は「楽して儲けたい」と考えていますから、会社全体の経営を考えずに「こんな仕事を回してくれ」と言ってきます。そのため配車マンは顧客とドライバーの要望、言い分の板挟みになります。いわば中間管理職のような立場です。

ズバリと解決

そんな配車マンの年収は400万円弱と言われています。それなりの収入があるように思えますが、年間休日が110日以下であったり、労働環境はドライバーより少し過酷な傾向にあります。
ただ、ドライバー同様、人手不足の物流業界の仕事なので、求人は常にあります。元ドライバーという配車マンが多いですが、元ドライバーならドライバーの気持ちを理解した配車ができるというわけでもないらしく、ドライバー未経験者で優秀な配車マンになった人もいます。大切なのは地図を読むことができ、効率を考えた配車手配を常に考えられるかどうかです。
ドライバーのような体力は必要ありませんが、精神的な強さが求められます。人間関係のストレスもあります。ですが、配車マンとして身に着くスキルはいろいろな仕事に通用する貴重なものです。
また、単に配車するだけではなく、運転手全体を管理する運行管理を兼任することもあります。運行管理を行うには国家資格の運行管理者を取得する必要があります。
トラックの運転には自信ないけど、物流業界に貢献したいという人にオススメの職業です。

-物流業界
-,

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.