ドライバーのための転職情報コラム

KORAPITA(コラピタ)

その他ドライバー 体験談

めっちゃダンプLOVEな私

更新日:

魅力がいっぱいのダンプ

私は女性でダンプの運転手をしています。
その仕事をしようと思ったのは、シンプルに給料が良いからです。本当に良いです。月収はだいたい30万円くらいです。
私の仕事は、主に砂利場から工事現場などへの砂利運びです。砂利はショベルカーで積みますが、それは基本的にショベルカーの運転手が行うので、私はその間運転席に座っているだけです。
下ろすときは、荷台を傾けてジャーッとやるので、これも運転席での操作。つまり、ダンプの運転手は力仕事がなく、力作業に向いていない女性こそ活躍できるプロドライバーの職業なのです。
私は10トン車に乗っていますが、入社した当初は大型運転免許を持っていませんでした。でも、会社には免許取得の支援制度があり、2週間で取得できました。

同僚にも女性がいる

私の会社は女性ドライバーの採用を積極的に進めていて、私も最初は先輩女性ドライバーの横で仕事を覚えました。1人立ちすると、運転している時間はずっと1人なので、気ままに過ごしています。
現場によって違いますが、砂利場と工事現場を1日4往復から5往復くらいします。運転している間は音楽を聞いたり、無線で仲間と話したり、めっちゃ気楽です。
それに、雨天は休みになる現場の場合、ダンプの出動もお休みになります。
そうやってダンプを運転しているうち、ダンプのことが愛おしく思えて仕方なくなってきました。ダンプカーと言うと、泥で汚れているイメージもあると思いますが、私はいつもピカピカに磨いています。それに、自宅にダンプのミニカーを飾っちゃうほどです。

-その他ドライバー, 体験談
-, , ,

Copyright© KORAPITA(コラピタ) , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.